移動|サンタクルスからパラグアイへ

・パラグアイ/Paraguay

今日はボリビアを出国。次に向かうは、お隣の国パラグアイです。

今回は久々の飛行機移動。出発は0時半過ぎとかなり遅めです。

パラグアイは南米の中でも物価は高めと聞いているので、ここボリビアはサンタクルス市内で、軽く食料を調達しておきます。

夜ご飯は、コロンビアでも食べたピザ屋、パパ・ジョンズでいただきました。

パパ・ジョンズ

コロンビアでも食べていたのですが、その時の私の鼻は詰まっており、一切味わうことが出来ませんでした。

ということで、仕切り直して初めてのパパ・ジョーンズ。

焼き立てはとっても美味しかったです。

量が多すぎて最後はお腹がはち切れました。。。

これ一枚を1人で食べるアメリカ人は普通にいるとききましたが、すごすぎます。

市内から空港はバスで45分ほど。

先日Okinawaへ行く時にも横を通っていました。

チェックインカウンターで「黄熱病ワクチン接種証明書」の提示を求められました。
コロンビアのボゴタ空港で接種していたので証明書は手元にあり問題ありませんましたが、ボリビアからパラグアイに入国する際にはその証明書が必要とのこと。もし私たちが証明書を持っていなかったらどうなっていたんだろう、という疑問が浮かびましたが、無事チェックインができてよかったです。

出国審査で手こずっている人がやたら多くみられ、7つほどある窓口は2つくらいしか順調に進んでいませんでしたが、なんとか無事出国完了。

ボーディングの時間まで、ラウンジで少し休憩。

搭乗時間になったので並びに行きます。

もう既に結構な人が並んでいたので少しびっくり(笑)。

飛行時間は2時間もかからないほど。
あっという間に到着です。

到着し、入国審査、荷物ピックアップ、両替を済ませウーバーで宿へ向かいます。

宿には3時くらいに着いたにもかかわらず、宿のオーナーのご好意で、ウルトラアーリーチェックインをさせてもらいました。もはや2泊していますが、宿代は1泊だけでいいとのこと。ありがたい。

と言うことで、とりあえず寝る準備をして明日に備えることにします。


パラグアイ情報⬇️

場所:東と北東をブラジル、西と北西をボリビア、南と南西をアルゼンチンに囲まれている内陸国。

人口:713万人

面積:406,752㎢ (58位)

言語:スペイン語
[ありがとう:gracias(グラシアス)]

[はい:(スィ)]
[いいえ:no()]

宗教:ほぼキリスト教

首都:アスンシオン

通貨:グアラニー

国旗:

タイトルとURLをコピーしました