デーヴァナーガリー文字を読めるようになろう!-हの発音-

デーヴァナーガリー文字

〈このページではヒンディー文字のの読み方をまとめています〉

【デーヴァナーガリー文字を読めるようになろう!シリーズ】
①〜母音編〜
②〜子音編〜
③〜母音記号編〜
④〜子音連結編1〜
⑤〜子音連結編2〜
⑥〜数字編〜
⑦インドの地名を読んでみよう!

⑧〜滞在母音編〜
-実践編-

(このページは、①〜⑤までを理解していることを前提としています。)

②〜子音編〜でも登場した子音字 は、基本的に日本語のハ行と捉えると大丈夫ですが、単語のどこに置くかで読み方が微妙に違うようです。下の表で見てみましょう。

-ह
(語末)
ほぼ発音しないग्यारह [gyaarah(ギャーラ)]11
○ह-○に含まれる母音aは「エ」と発音し,हも「エ」と発音कहना [kehenaa(ケヘナー)]言う
एह / ेह-एは短く「エ」と発音एहसास [ehsaas(エヘサース)]
चेहरा 
[chehraa(チェヘラー)]
知覚
ओह- / ोह-ओは短く「オ」と発音ओहदा [ohdaa(オフダー)]
मोहर [mohar(モハル)]
地位
スタンプ
-हु-短く「ホ」と発音बहुत [bahot(バホット)]
पहुँचना [pahonchnaa(パホンチナー)]
とても
着く
・○には母音記号を含まない子音字が入る
・点線の丸には子音字が入り、ए またはओの母音記号が付く

表の2つ目の、कहना は「カフナー」と読んでしまいそうですが、「○に含まれる母音aは「エ」と発音し、हも「エ」と発音」と言うルールがあるので、「ケヘナー」となります。

上のルールはインドの首都デリーで読まれている発音です。とはいえ、インドの土地も人口も、日本の約10倍。日本にも方言があるように、インドも訪れる土地によって読み方のクセや方言があるはず。(そもそも言語が20以上存在している時点で規模の大きさが伺えます)
現地の人と交流をする際は、それも楽しめるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました