英語に関する質問色々。

英語を教えていると、色々な質問を受けます。その中からいくつかピックアップしてQ&A形式でシェアしてみたいと思います。レベル的には中学で学ぶものですが、いろいろな気づきがあれば嬉しいです。

Q.〜している」は "be 〜ing" で表すと習いました。でも「僕は日本に住んでいる。」という日本語は "I’m living in Japan." ではなく、"I live in Japan." です。なぜですか。

A. まず、日本語を直訳ばかりしていると、壁にぶつかってしまいます。その典型的な例の一つ。
現在進行形”be 〜ing”は、「一時的な動作」を表す時に使います。その動作のし始めとし終わりが明確なもの。「食べる」「観る」「眠る」、、、、など。こういうものを「動作動詞」と呼びます。
一方、動作のし始めとし終わりが明確じゃないものもあります。例えば、「思う」「愛している」「欲しい(動詞っぽく言うと”欲する”)」など。こういう動詞を「状態動詞」と言います。そして「住む」もこの仲間です。その場に定住しているのであれば、それは状態ですね。昨日も住んでいたし、今日も明日も、住んでいる。そういう普段の日常は「現在形」で表します。
もう少し説明を加えると、今月だけ、とか今年だけなど、期間限定でその場に住んでいるのであれば、もちろん現在進行形で”I’m living in Kobe this year for work.”=今年は仕事で神戸に住んでいます。のように言うのが自然です。

Q. 秋には "fall"と"autumn" の2通りの名前があります。なぜですか。

A. 基本的に、fallはアメリカautumnはイギリスで使われています。どちらも正解。

Q.英語には、主語、動詞が必要だと習ったけど、Nice to meet you.には主語も動詞もありません。なぜですか。


A. 主語、動詞を書くと”It is nice to meet you.”です。It isは、意味を含まないので、他の文でも結構省略されているのです。
なかなか鋭い所に目を向けた質問です。このままフレーズとして、「初めまして。」=”Nice to meet you.”と覚えてしまうのが大半のところ、主語、動詞がないなんてあまり考えないかも知れません。
ちなみに、Nice to see you.にすると、2回目以降会う時に使えて「またお会いできて嬉しいです。」というニュアンスになります。
meet : 初めて会う
see : 2回目以降に会う

Q. 母音の前にはaではなくanが付くと習いました。
でも、"an university" ではなく "a university" です。なぜですか。

A. 確かに書くと母音の”u”から始まっていますが、ここで大事なのは発音です! universityの発音は、「ユニヴァーシティ」ですね。ユと始まっているところからわかるように、これは母音の音ではないのです。この場合、ネイティブスピーカーはanにしなくても読める、という理由でa universityと言うのです。
逆に、hour(時間)は「アワー」と読み、母音の音から始まっているので”an hour”「アナワー」と読みます。

Q."go to school" と "go to a school" の違いは何ですか。

A. schoolにaがない時は、schoolを「学びの場」のように概念的に捉え、学生が通学する時に使います。
一方、aを付けるとschoolを「数えられる建物」として考えるので、単に「とある一つの学校に行く」という意味になるのです。例えば、教育を終えた大人なんかが学校に行くという時に使います。

Q. "everyone"はみんなという意味だけど、何で動詞にsが付くのですか。

A. つまり、everyone を三人称単数扱いにするのはなぜかという話ですが、みんなを一括りとして考えているので単数になるのです。同じく、everybody も三人称単数扱いです。(everyoneより少しくだけた単語)
Everyone looks happy here.
→ここでは、みんなが幸せそうだ。

Q. "talk with 人" と "talk to 人"の違いはありますか。

A. talk with人は、一緒におしゃべりする感じ
talk to人は、主語が一方的に、(もしくは主に)話すニュアンス。
I talked with my boss about the new business plan.
→例の新しいビジネスプランに関して上司話しました。
I have to talk to my boss about the new business plan.
→例の新しいビジネスプランに関して上司話さないといけません。

Q. 日本語には、兄、弟、姉、妹という単語を使って年下か年上をはっきり表しますが、英語は "I have a brother." "I don’t have any sisters." のように、年上か年下か分かりません。そんな言葉はないのですか。

A.文化背景、宗教背景を理解する必要があります。
キリスト教では、神のもとに生まれた人々は皆平等という考えがあります。そのため、何歳年上だろうが年下だろうが平等なのです。妹や弟は、兄、姉のことを「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」とは呼びません。名前やニックネームで呼ぶのです。
自分の兄弟を誰かに紹介する時は「brother」「sister」で十分なのです。もう少し兄弟の話を掘り下げる時に、必要に応じて年上か年下を言うくらいです。
He is 3 years older than me.「彼は僕の3歳年上なんだけどね。」といった具合。
また、性別を表さず表現できるのは「sibling」という単語です。I have 2 siblings.「私には2人兄弟/姉妹がいます。(この段階では性別、年上かどうかも不明。)
1歳でも年上か下かを気にする文化である日本とは、異なりますね。

Q.  "I know Donald Trump." というと外国人の先生に驚かれました。なぜですか。

A. knowの後ろに人がくると、「~と知り合いである」という意味になります。そのため、”I know Donald Trump.” と言うと、トランプ大統領と知り合いになっちゃいます。本当に知り合いならもちろん言えますよ!
ただDonald Trumpに関すること(アメリカの大統領だとか、年収たったの一ドルで大統領の仕事をしているとか)を知っているのであれば、know about ~としましょう。
about:~について

Q.  電車に乗るは "get on the train" なのに、車に乗るは "get in the car" と習いました。
get on + 乗り物と、get in + 乗り物の違いは何ですか。

A. 両方とも~に乗るという日本語になります。しかし get on は電車やバスなど、体をかがめず乗る時に使い、get in は、車やタクシーなど、体をかがめて乗るような時に使います。

Q.「〜しなければならない」という義務は"must"を使って、「しなければならない」という必要性は"have to"を使うと教科書に書いています。どう違いますか。

A. “must”は、助動詞の仲間だけあって「自分の気持ち、意思」を表します。そのため、自らが〜しなければならないと思う時に使います。
I must fight for the world.
→私は世界の為に戦わなければならぬ。[マーベル的な映画で言いそうなセリフ。]

“have to”は、「外的要因から、しないといけない」という時に使います。
I have to do my homework.
→宿題しないといけない。(だって学校の先生が宿題を出したからそれを守らないと。。。)

ただ、mustは基本的に強いニュアンスがあるので、あまり聞きません。それに、mustには過去形はないので、「〜しなければならなかった。」という過去形は”had to”を使います。(未来形も”will have to” )
(大昔は、”must”が過去形として使われていたという話は特に覚えなくていいです)

Q.  “May I go to the bathroom?”と、”Can I go to the bathroom?”はどう違いますか。

A. May I 〜?はとってもへりくだって許可を求める時に使います。例えば、生徒が先生に、部下が上司に「〜してもよろしいでしょうか。」というシチュエーション。
Can I 〜?は、もっとカジュアルです。友達や家族に「〜していい?」という程度。
ただ、May I〜?は硬すぎるので実際はあまり聞かないかも知れません。
実は、May I とCan I の間にもう一つ表現があります。それは、Canの過去形、Could です。
May I 〜? → Could I 〜? → Can I 〜?の順で人との距離が近づきます。

Q. "see a movie" と "watch a movie" はどう違いますか。

A.  両方、映画を見るという意味で使えます。seeは、「視界に入ってきたもの見る」という意味になるので、例えば映画館なんかで大きいスクリーンで見るような情景が聞き手に感じられます。一方、watchは、「動いているものをしっかり見る」というニュアンスがあるので、テレビで観るような時に使います。

Q. どうして "When have you +過去分詞〜?" と言えないのですか。

A.  現在完了形 have +過去分詞はそもそも、過去形ではないのです。名前の通り「現在」の事を表すのです。過去に起こった事実が、現在にどう影響を与えているのか。例えば、I’ve been to Greece once..(私は一度ギリシャに行ったことがある。)というのは[経験]です。過去にしたという経験を今持っている、という事を表します。 [他の用法に関してはまたの機会に取り上げたいと思います。]
つまり、具体的にいつしたのかを聞きたいのであれば、単に過去形を使えばいいのです。When did you go to Hawaii?(いつハワイに行ったのですか。)

Q.  現在完了形[継続]で、"I’ve lived in Japan since last year."(私は去年から日本に住んでいます。)のsinceをfromで言い換え出来ますか?

A. 出来ません。since last yearは、去年から(今もなお)という意味を表すので、現在完了形と相性がいいのです。一方、fromは、今もなおという意味は含みません。

Q. "She made me a doll."と、"She made me a doctor." の訳はどうなりますか。

A. She made me a doll.は「彼女は私に人形を作りました。」になり、She made me a doctor.は「彼女は私を医者にしました。」になります。というか、そう訳すのが自然です。
文型の話をすると、makeを使った第4文型は、make O1O2「O1にO2を作る」という訳になります。

例:
I made him lunch. 私は彼に昼食を作った。
My mother made me a skirt.  お母さんは私にスカートを作ってくれました。

makeは、第5文型を作ることもできます。make OC「OをCにする」この文型はO=Cというのが成り立ちます。さっきの文では、She made me a doctor. [me = a doctor] となります。
このCには、名詞、形容詞が入ります。She made me happy. 彼女は私を幸せにします。 me=happyになります。
She made me a doll.を、第5文型と考えると、「彼女は私を人形にした。」となります。もちろん、分脈によったらそうも考えられますが、ちょっと怖いですね。

Q. 「~をどう思いますか。」の英語はなぜ、"How do you think about ~?"ではなく"What do you think about ~?"なのですか。

A. 直訳するとダメなパターンの仲間ですね。
How というのは、手段や方法を表します。なので、”How do you think about it?” というと、「それについて、どのような方法で考えますか?」というニュアンスになり、「頭でだよ。」という話になるのです。

今回は以上です!またアップしようと思います♪英語学習者の皆さん、引き続き頑張ってください。
疑問を持って、それを自分で解決しながら進むと成長間違いなしですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました