デーヴァナーガリー文字を読んでみよう!-実践編-

会話&言葉

ムンバイに旅行に行くと決めた時から、独学してきました、デーヴァナーガリー文字(ヒンディー語やマラーティー語に使用されている文字)

最初は無謀にも思えましたが、Youtube動画や無料アプリなど、無料で利用できるありとあらゆるものを利用して(必死)、なんとかかんとか文字を読めるようになりました!

無料で学んだので、その恩返しとして私自身も無料でデーヴァナーガリー文字を読めるようになろうシリーズを書いています。もし興味のある方はチェックしてみて下さい♫

さてさて、実際にムンバイへ行き、多くのデーヴァナーガリー文字を目にすることができました。本場の看板に興奮します(笑)
スッと読めるものもあれば、集中して時間をかけて読まないといけないもの、、、

これらはほんの一部ですが、ご紹介したいと思います!(詳しい説明は割愛していますのであしからず。。。)

勉強中の方は是非チャレンジしてみて下さい!(ムンバイで主に使用されるマラーティー語もよく出てきます。基本的に同じ文字ですが、いくつかマラーティー語のみで使用される文字や記号があります。その際は補足説明にて失礼)

こちらはインド門のすぐそば。壁に書かれているのは、

मुंबई

ムンバイ!

मुं の上の点が「ン」です。

子音連結もないので比較的読みやすい。

次は車に書かれた文字。

पोलीस (police)

そう、これはインドでのパトカー。(ちなみにこれは主にムンバイで使用されるマラーティー語)

お次は、すぐに読めそうです!

मॅक्डोनल्डस् (McDonald’s)

読めそうというか、推測する域。

क्डो の部分(クド) と、ल्डの部分(ルド)が子音連結

こちらも上に英語が書かれているので、まずは英語を見ずにチャレンジ!

सहकारी भंडार रेस्टाॅरंट  「サハカーリ バンダル レストラン」

स्टाॅ の部分(スト)だけが子音連結。

こちらはトレンディ ビューティパーラー↓

看板を見る限り説得力はゼロですが、、、 。

ट्रेंडी (トレンディ) ब्यूटी (ビューティ) पार्लर (パーラー)

ローマ字で書くと、”trendii byuuti paarlar”

デーヴァナーガリー文字の数字も登場。

これは、バスの番号?です。恐らくこのバス停に停まるバスの番号。
読めなればちんぷんかんぷんですが、ご安心を。
反対側に行けばアラビア文字の123で書かれてあります!

左から2.2.5.8.1.5.25.45.81.85.87.88.123.

1234567890

フォント?の関係で読むのがとても疲れます!オシャレにしなくてもいい!
きっと漢字を習っている外国人が、「行書なんかで書かないでくれ!」と思う感じでしょうか。

切り替えて、また通常の文字です。
ここは、ムンバイで立ち寄ったカフェ。

बरिस्ता バリスタ。

これは一番読みやすいかも!
子音連結もありますが、分かりやすい。

最後は、ムンバイにあった公園。

चिल्ड्रेन पार्क 「チルドレン・パーク」とありますが、両端の母らしき女性と父らしき男性が、怖い。

チルドレンの「ルドレ(ल्ड्रे)」が3つの子音連結で、難易度が上がります。
しかも、「र」を使った子音連結なので形が全く違います。( डे の下に付いている逆のvが「र」の子音連結の形)

以上、デーヴァナーガリー文字を読む実践編でした!

日本ではまだまだマイナーな文字なのかもしれませんが、世界的にみるとデーヴァナーガリー文字を使用しているヒンディー語を母語として使用する人口だけで4億2000万人で世界3位!!(ちなみに日本は9位!)これから、インドの人口が増加するにあたり2位の英語を抜かすかもしれません!


学習をされている方、一緒に頑張りましょう♫

_______________________
Instagram始めました📷

#hatsutrip
_______________________

タイトルとURLをコピーしました